地図のあるページへ戻る→
 延床面積・37.37坪
 1階・37.37坪
これは風水の占い師の家である。間取りはすべて建て主に従った。ただ構造や材料は工房仕様になっている。設備関係の占いはなかった。でも、よく見ると完全に分棟形式になっている。この方が増改築にむいている。独立型の部屋はすべて外気に接している。これならばコンテナーのようなユニットを置いてそれをつなげれば簡単にできる。
この家は何に注意をはらっているかといえば通風だ。そのために工房オリジナル手動式換気口を床と天井付近に設けた。
宇都宮
 ■ 占い師の家
□ 占い師の家
完成した家

今までに完成した家を写真や図面で紹介しています。
全ての家が柱、梁の見える真壁の木の家です。平面図は3尺グリッドに倣っています。