雨樋 ガルバリウム鋼板
雨樋のメタリックな銀色のガルバリウム鋼板は古来からの日本瓦に合います。初めは光っていますが、1年後は落ち着いたグレー色に変わります。
階段 スギ
階高が低いために一般の家の階段よりゆるやかになっています。しかし、2階の床板が1階の天井を兼ねており、梁が見えているために、天井は標準的な家と同じ高さになっています。この階段はスギの無垢板でできています。
照明器具
照明器具は見積りの予算内で建主に選んでもらっています。メーカーのカタロから選んだり、どこかで見つけてきたりと、住宅に個性豊かな色をつけています。設計者に無料で頼むこともできます。
外部建具 規格アルミサッシ
サッシメーカーの規格品を使います。当然、ペアガラス仕様です。色は建て主さんに決めていただきます。網戸は付属していますが雨戸は希望により取り付けます。木製建具も注文可能ですが、高くつきますので一部を木製建具としてもよいでしょう。
浴室 ハーフユニットバス+スギの壁、天井
浴槽付きの洗い場のハーフユニットバスを使います。壁と天井にはなるべくスギ板の赤味を張ります。浴室に木を使うと腐るのではないかと心配するかもしれませんが、酒樽などをみれば長持ちしているのがわかります。お風呂に入った後は窓を開けておくか、換気扇を回しておくなどして、通風をよくしてカビや腐食から守ります。裸になるところには木を使ったほうが気持ちが良いのではないでしょうか。
キッチン・トイレ・洗面
いわゆる水周りの設備機器については予算内で建主に選んでもらっています。メーカーのカタログから選んだり、どこかで見つけてきたり、と思い思いの水周りができあがっています。
室内建具 木製オリジナル建具
基本的に注文建具です。室内の建具は狂いを考えて突板合板の引き戸を多用します。ドアもできますが、真壁の家の機能的な良さを発揮するためには、引き戸が良いと思います。また、外部アルミサッシの室内側はカーテンより紙張り障子を勧めます。それは断熱性能がカーテンより優れているからです。
室内壁 スギ板・西洋漆喰・紙
内装材は自然素材を基本とします。室内壁はスギ板横張りかプラスターボード下地に西洋漆喰塗りまたはルナファザー(紙)張りです。どれも吸湿作用があり結露はありません。
床 板厚30mmのサワラ、スギの無垢板
厚さ3cmのサワラあるいはスギを1、2階の床板とし、2階の床は1階の天井を兼ねています。これらの材木は柔らかく、柔軟性があるため、足腰への負担が軽減されます。また、木材中にたくさんの空気を含んでいるのであたたかく足の裏へのあたりが優しく感じられます。なお1階床下は調湿を図るために炭を敷きます。
玄関ドア 木製オリジナルドア
基本仕様で玄関の建具だけは家の雰囲気に合うように建具屋さんに木でつくってもらいます。基本的な防犯対策はしてありますが、他に防犯対策が必要な場合は相談して決めます。
外壁 西洋漆喰・杉板壁
石灰を主成分とした天然無機質系の西洋漆喰で、割れやひびなどが起こりにくいように繊維質の素材が混入されているので美しく仕上がります。また一般の漆喰よりも調湿作用が高いものを使っています。
外壁は法的規制がありますが地域によってはスギ板の外壁も可能です。
真壁、大壁から選ぶことができます。
屋根 日本瓦
将来にお金が掛からなメンテナンスフリーの屋根材です。耐久力は歴史が証明しています。ガルバリウム鋼板なども選べます。
 基本仕様
具体的なこと。

より具体的な話です。